ル・クール動物病院
診察時間はこちらをご確認下さい。>>
TEL:06-6300-7755
〒532-0031 大阪市淀川区加島3丁目中3-22

ル・クール動物病院は大阪市淀川区 にある犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスターに対応している動物病院です。どんなことでもお気軽にご相談ください。

TOPページ > トリミング/ペットホテル

youtube動画

診察時間 コンタクト 駐車場有 TEL:06-6300-7755

内視鏡検査

当院では内視鏡検査を行っています

胃腸や食道は管腔臓器といって管のように中が空洞で、
主に管の内側にあたる粘膜に病変が発生する傾向にあります。

画像による検査はレントゲン検査、超音波検査、CT検査、MRI検査など
多数ありますが、粘膜表面を内側から直接見ることができるのは
内視鏡検査だけです。

胃腸の病気を発見するために大変有用な検査です。

内視鏡でできること

<検査>
当院では内視鏡検査を行っています
当院では内視鏡検査を行っています

●内視鏡のカメラを通して胃や腸の状態や病変を肉眼的に確認することができます。
●胃や腸の組織の一部を採取して病理組織検査を行うことで病気の診断ができます。

<処置>
当院では内視鏡検査を行っています

●異物を飲み込んだ場合、開腹手術なし(お腹を切らない)に取り出すことができます。
 ※異物の種類や形状、大きさ、状態によっては外科手術を必要とする場合があります。
●様々な病気が原因で、食事を口から取れなくなった時、内視鏡を使って胃ろうチューブ
 (胃に直接食物を入れられるチューブ)を設置して栄養管理をすることができます。

こんな時に消化管内視鏡検査をお勧めします

●慢性の嘔吐・下痢がみられる時
●血便、黒っぽい便、ゼリー状の便が続く時
●吐出(食べたものをすぐに吐く)がみられる時
●異物(おもちゃ等の消化されない物)を飲み込んでしまった時

【ご注意ください】
※検査/処置は全身麻酔下で行います
※検査には絶食が必要です
※内視鏡が届かない場所は適応ができません

  • 異物を確認できた場合でも、異物の形・大きさ・性状・数・部位などによっては内視鏡で摘出できない場合があります。その場合、異物摘出手術が必要になる場合があります。なお、異物摘出手術は状況により同時におこなう場合と日時をあらためておこなう場合とがあります。
  • 上部消化管の内視鏡検査は主に食道・胃・十二指腸の上部を観察することができます(条件により十二指腸が観察できない場合もあります)。よって、それより下部(小腸・盲腸・大腸など)の異物の有無を確認できるものではありません。
  • 内視鏡検査は全身麻酔下でおこないます。そのため、動物の状態により検査が実施できない場合があります。